iPhone・スマホカメラ写真撮り方教室

講演・メディア出演依頼

◆講演・メディア出演・取材依頼・お問い合わせ

写真作家としてコラム執筆や講演、写真教室開業プロコースなども運営。個人事業主や小規模経営者のためのSEOなどのサイト構築・解析改善サポートも行う。講演や取材のご依頼、お問い合わせはこちらより。実績:東京ビッグサイト

blog カメラと写真のコラム

私たちは絞り優先モードをオススメしております♪

更新日:

こんにちは、minaです。当教室「初級編」は毎週開催の全4回構成となっています。今までの授業を簡単に振り返りを…。

 

◆一週目:LESSON1(2016.6月の一週目レポ
写真が上手くなるには?マイカメラを知ろう!写真上達の基本

当教室は現在カメラをお持ちでない方でもご参加いただけます。これからカメラを買いたい、又は新しいカメラが欲しい!という方は必見の内容です。授業が終わったらそのまま電気屋さんに直行している方も(笑)中古でもいいよ〜という方のために中古購入のポイントや中古カメラやレンズが買えるおすすめのお店などもお伝えしております。

 

◆二週目:LESSON2(2016.6月の二週目レポ
明るさや色彩のコントロール・露出について知ろう!

適正露出という言葉を聞いたことがありますか?

人によって、明るい写真が好き!シックな重さのある暗めの写真が好き!などなど好みがあるとは思います。ただですね…。基本を知った上で、あえて明るくする・あえて暗くするなど「私は意図して撮影してます!」と言えるということが大事なんです☆

適正露出について詳しく知りたい方は「18%グレー」という言葉をネットで検索したり調べてみてください。これ、写真の基本中の基本の考えですが、ここをすっ飛ばして、カメラの「操作方法」を教えている本とか講師さんとかが多いような気がします…。

 

札幌ルミックス4kフォト写真教室

(c)halmina.jp2016

 

絞り優先モードがオススメ♪

「カメラを扱える人」ではなく「伝えたいことを意図して表現できる人」を育てたいと思っています。“育てたい”と書かせていただきましたが、私たちがやっていることは「写真の学校」です。学ぶのはあなた自身なんです!勉強するのはあなたです!

一般的に本やインターネットに載っていることは授業中にはやりません。生きた教材なんです。カリキュラムは同じでも、全部違う授業です。現在の生徒さんは、それをひしひしと感じているかな???(感じていてほしいです笑。)

 

◆三週目:LESSON3
絞り・シャッタースピード・ISO感度の合わせ技

授業の前に、適正露出に関する復習をしたのですが、生徒さんの中には、18%グレーについてしっかり自分で説明できるくらい身についていた方もいました。すごいことですよ!!!!私、カメラを始めた頃18%グレーを理解するのにものすんごい時間かかりましたから(笑)

もちろん、まだまだ「あれ?マイナスだっけ?プラスだっけ?」と迷う方もいらっしゃいましたが、大丈夫です。とにかく好きなものを実験的に撮り続けてください。授業中に迷っているということは、練習してないということがバレバレなので(笑)、わかんなくてもいいから、言われた通りまずやってみる。それが大事です。それが学校です♡

 

札幌ルミックス4kフォト写真教室

(c)halmina.jp 2016

 

絞り優先モードをなぜ使うのか?根拠がわかると…

色々な写真教室、色々な先生がいらっしゃると思いますが、私たちは撮影モードに関しては「絞り優先モード」をみなさんにおすすめしています。第三回でやる内容は、写真・カメラの原理原則。このことがわかると、「P(プログラムオート)」でも「A(Av)(絞り優先)」でも「S(Tv)(シャッタースピード優先)」でもいいんだ!ということにみなさん気づきましたね♪何を省略するか?ってことだけなんです。

ダメなのは、カメラの設定をいじってる間にシャッターチャンスを逃しちゃうってこと!フルマニュアルじゃなくたって、オートでいいじゃないですか!jpegだけではなく、RAWでも残しておけば、さらに撮影に集中できますよね。デジタルの時代ですので、テクノロジーの恩恵を存分に受けましょう♡

 

もし「M(マニュアルモード)」で撮って画質が劇的に変わる!?なら、そっちがいいですよね…。でも画質はな〜んにも変わりません。画質・作風を変えたいならレンズを交換すればいいのですよん。

みなさんが一眼レフやミラーレスカメラをお持ちでしたらAとかAvと書かれたモードがあると思うのでダイヤルや設定をくるくるしてみてくださいね♪このモードで撮影すると自由自在に背景をぼかしたりくっきりさせたりできます。シャッタースピードはカメラが勝手に考えてくれますし、ホワイトバランスもISOも基本的にはオートにしておけばいいのです♡

人間が手動で調整するのは、明るくしたいか?暗くしたいか?のプラスマイナス(露出補正)です。
だ か ら、ここ大事なので毎回毎回「適正露出が理解できたかな?」って確認しているんですよ〜!

 

 

minaオススメの本↓

 


人気記事

東京ビッグサイト(札幌女性写真家minaみな) 1

2017年7月11日〜12日に東京ビッグサイトで開催された、第20回全国からプロが集う日本最大級の住宅イベント「リフォーム産業フェア2017」。私は「施工事例をスマホで驚くほどキレイに撮る方法」のセミ ...

木村伊兵衛と秋田写真展 2

こんにちは、minaです。いよいよ子供達の冬休みがスタートしますね(2016年12月現在)。 雪国は関東に比べ、冬休み期間が長いので、どう過ごそうか、頭をかかえるお母さんたちも多いはず(笑) 私と息子 ...

夕日逆光札幌女性写真作家minaみなフォトグラファー北海道 3

昨日は、頭を使って考えて考えて考えた“私の作品”についてプレゼンをしたけれど、バッサリぐっさり切られて、ムキー!!!!!となりながらも、どうすればいいか…とまた頭を使い、グツグツと脳みそ沸騰させた一日 ...

黄昏の空札幌写真家みな 4

ある人の投稿を見て、心がざわわ〜しました。以前の私だったら、それからイライラが止まらなくなって、直接本人に言ったりしていました(笑)当時はそれだけ自分が調子に乗っていた、ということだと思います^^;  ...

住宅リフォームフェア2017札幌スマホセミナーカメラ女子写真作家mina02 5

3月25日〜26日、アクセスサッポロで「住宅リフォームフェア2017」が開催されました。この度、主催の株式会社リフォーム新聞社様からご依頼を受け、私はセミナー講師を務めさせていただきました。 &nbs ...

-blog, カメラと写真のコラム
-, , ,

Copyright© iPhonegrapher 写真作家mina , 2017 All Rights Reserved.