iPhone・スマホカメラ写真撮り方教室

講演・メディア出演依頼

◆講演・メディア出演・取材依頼・お問い合わせ

写真作家としてコラム執筆や講演、写真教室開業プロコースなども運営。個人事業主や小規模経営者のためのSEOなどのサイト構築・解析改善サポートも行う。講演や取材のご依頼、お問い合わせはこちらより。実績:東京ビッグサイト

blog プライベート

SNSは怖い?facebookなどに子供の写真を投稿する時の注意!

投稿日:2017-04-07 更新日:


お子さんが入園・入学のみなさん、おめでとうございます!めでたく我が家も息子が小学一年生になりました。毎日幼稚園や託児に送り迎えしたこの数年…。手を離して一人で学校に行くなんて、なんか信じられないな〜、誇らしいな〜、ちょっと寂しいな〜…、初登校日は母もドキドキでした。

 

怖い思いをする前に。facebook(フェイスブック)などのSNSに子供の写真をアップする時は気をつけましょう

入学式や初登校日など、我が子のちょっぴりお兄さんお姉さんになった姿を撮影してSNSに載せたい親心。お気持ちはよ〜くわかります…。

「入学式」と書かれた立て看板の前での子供写真は、まさにザ・入学式!それをFaceBookにアップしている方がたくさんいらっしゃいました。

〇〇市立△△小学校(幼稚園とか中学校とか…)という文字もボカしたりスタンプをせず、そのままアップしている方がいてびっくり!通う学校、子供の顔、年齢、性別、名前(名札をしていれば)、大体の住所などなど、自ら公開しています。

 

人に迷惑をかけている可能性も…

晴れ姿で教室で着席する姿や、体育館の入場の様子なども投稿されている方もいました。我が子以外の大人や子供に、モザイクやスタンプで顔を隠さず、完全に顔が認識できてしまう写真も多く見かけました。

お友達同士公園などで遊んでいる風景を撮影し、事前に親の許可を得て投稿したりタグづけするのは、本人たちの自由・自己責任ですが、不特定多数の方が集まる場所で全ての方にモザイクやスタンプをするのは結構大変…。

学校生活が始まりお母さん同士もFBで友達申請をして繋がった時、知らない間に自分や我が子が写った写真がfacebookにアップされているのを見つけてしまったら…。

入学式に限らず、投稿の内容や通学路などの風景から場所がわかってしまう場合もあります。

 

子供の写真をfacebookなどのSNSに投稿する時だけでなく普段の生活から気をつけよう

私は数年前から、我が子の顔が認識できるような写真は、ネット上に載せることを控えています。子供本人が自分の親のFBに写真を載せるか載せないかというのは判断ができないので、全て私たち親の責任になります。「まだ小さいから大丈夫」と思って載せてしまうのでしょうか?

もしも…。私の実家の母親がfacebookにはまっていて、知らないうちに私や私の妹の写真をガンガン載せていたらブチ切れます(笑)

公開先を「友達のみ」にすることで安心していませんか?自分もつい情報を漏らしてしまう可能性があるように、お友達も悪気なくシェアしてしまうこともあるかもしれません。

そもそも「友達のみ」にしていてもfacebook内の友達は本当に友達?会ったことある人?本人であるという確証は?アカウントが乗っ取られているかも?SNSは便利な反面、使い方を間違うとトラブルの元になってしまうこともあります。

 

ヒヤっとした怖い話

なぜ、今回このようなことを記事に書いたか…というと。つい最近、ヒヤっとする怖い出来事が実際にあったからです。自宅の目の前のコンビニにちょっと買い物があり、息子はDVDを見ていたので家で待っていてもらいました。

私が出ている数分の間に宅配便が届き、息子はインターホンでマンションのオートロックを開け、自宅のドアも開け、サインをし荷物を受け取っていました。

届いたものは、ネット通販で購入した衣類。届けてくれた方は男性だったと息子が話してくれました。もちろん誰もが知る運送会社。でも、私が知らないところで6歳の子供が親が不在時に一人で自宅ドアの鍵を開け大人の男性と話をしていた…。

 

私たちはお留守番のルールをしっかり話し合ってはいませんでした。他にも、身の安全や安心について、怖い思いをした場合どうするか、などちゃんと話したことはなかったかも…と、は!と気づきました。

それまで毎日隣で手を繋ぎ、目の届く範囲の中にいた子供。それがこれからは一人で行動することも増えていきます。「社会」についても親子でしっかりお話をしないとな〜と思いました。

 

facebookなどで怖い思いやトラブルの前に

インターネット上に息子の顔を公開していたり、私がリアルタイムで「○○に行ってきま〜す」など投稿していたり…、色々な情報から子供が一人であることがわかってしまう場合もあります。

慎重にならなかったことでトラブルに巻き込まれるより、慎重にしたからトラブルを避けられるということだってあると思います。

「ネットリテラシーが低いから〜」「よくわなんなかった〜」「知らなかった〜」では済まないこともこれから起こるかもしれません。正しく使えば、楽しいSNS。子供の身を守ったり、お友達に迷惑をかけたりしないよう、気をつけましょう!

 

一番いいのは、子供の写真は載せないことですね。

 

●インターネットで集客がうまくいっていない女性個人事業主の方へ

「女性のための初めてのSEO」というサイトを運営中。私は2015年「SEOの学校」で、インターネットと経営について勉強をスタートしました。

これからSEOや経営など、自身のビジネスに活かしたいと思う女性のために、私が学んだことが何かお役に立てればという思いからこのサイトを始めました。なぜ私がSEOの学校で勉強しようと思ったのか?メルマガで配信しております。お気軽にご登録くださいね♪

 

 


スポンサードリンク

人気記事

東京ビッグサイト(札幌女性写真家minaみな) 1
「施工事例をスマホで撮影」登壇 リフォーム産業フェア2017

2017年7月11日〜12日に東京ビッグサイトで開催された、第20回全国からプロが集う日本最大級の住宅イベント「リフォーム産業フェア2017」。私は「施工事例をスマホで驚くほどキレイに撮る方法」のセミ ...

木村伊兵衛と秋田写真展 2
「木村伊兵衛の秋田」を見て… 34歳の私のリアル

こんにちは、minaです。いよいよ子供達の冬休みがスタートしますね(2016年12月現在)。 雪国は関東に比べ、冬休み期間が長いので、どう過ごそうか、頭をかかえるお母さんたちも多いはず(笑) 私と息子 ...

夕日逆光札幌女性写真作家minaみなフォトグラファー北海道 3
「恥じない生き方」をしているか確認する簡単な方法

昨日は、頭を使って考えて考えて考えた“私の作品”についてプレゼンをしたけれど、バッサリぐっさり切られて、ムキー!!!!!となりながらも、どうすればいいか…とまた頭を使い、グツグツと脳みそ沸騰させた一日 ...

黄昏の空札幌写真家みな 4
調子に乗っていた過去 驕り高ぶらないためには

ある人の投稿を見て、心がざわわ〜しました。以前の私だったら、それからイライラが止まらなくなって、直接本人に言ったりしていました(笑)当時はそれだけ自分が調子に乗っていた、ということだと思います^^;  ...

住宅リフォームフェア2017札幌スマホセミナーカメラ女子写真作家mina02 5
「スマホカメラで写真を撮ることが趣味になりました」

3月25日〜26日、アクセスサッポロで「住宅リフォームフェア2017」が開催されました。この度、主催の株式会社リフォーム新聞社様からご依頼を受け、私はセミナー講師を務めさせていただきました。 &nbs ...

-blog, プライベート
-, , ,

Copyright© iPhonegrapher 写真作家mina , 2017 AllRights Reserved.